PR

【ゲーミングキーボード】EPOMAKER TH80 Proをレビュー 打鍵感が気持ちいいおしゃれキーボード!

ゲーミングキーボード
記事内に広告が含まれています。

どうも、こぐる(@kogurugamesbrog)です。

みなさんキーボードはよく使いますか?

WordやExcel、ライティングやプログラムなどキーボードを使うことはたくさんあります。

最近はPCゲームでもキーボードを使うことが増えていますね。

そんなキーボードをよく使う日常の中でこんなことを思ったことはありませんか?

タイピングがしんどい、もう文字を打ち込みたくない」と……

そんな日常を少し心地よくしてくれるキーボードを紹介します。

EPOMAKERのTH80 Proというゲーミングキーボードです。

ゲーミングキーボードなのでもちろんゲーム性能も高いのですが、それ以外にも打鍵感、デザインも抜群に良いゲーミングキーボードになっています。

実際に使用してみた感想も紹介しますのでぜひご覧ください。

 

【ゲーミングキーボード】EPOMAKER TH80 Proのスペック

まずはTH80 Proのスペックを見ていきましょう。

メーカー EPOMAKER
商品名 TH80 Pro
キーレイアウト 75%
80キー
US配列
サイズ 328 x 142 x 40mm
キーキャップ PBT
MDAプロファイル
キースイッチ Budgerigar Switch
Flamingo Switch
Gateron Pro Yellow
この中から1つを選択
フレーム プラスチック製
ホットスワップ 対応
ガスケット EVAフォームダンパー
重量 1kg
接続方法 2.4GHz無線接続
Bluetooth接続
有線接続(USB Type-C)
バッテリー容量 8000mAh
キーボード機能 N キー ロールオーバー
ソフトウェア

 

レイアウトは75%の80キーと使いやすいサイズになっておりメディアノブも搭載しています。

キースイッチは複数から選択できるようになっています。

接続方法に2.4GHz、Bluetooth、有線接続とありますが、TH80 Proは残念なことに技適が通っていません。

技適ってなに??

技適とは……「技術基準適合証明」の略で、特定無線設備が電波法の技術基準に適合している証明のこと。
おうるくん
おうるくん

この技適を取得できていない製品は、日本国内で無線接続を行ってはいけないんだ!(電波法違反に抵触してしまう)。

 

なので本製品も有線接続での使用をおすすめします。

 

【ゲーミングキーボード】EPOMAKER TH80 Proの外観

まずはTH80 Proを開封して見ていきましょう。

EPOMAKER TH80 Proを開封

まずは外装から見ていきます。

シンプルな青色の箱にTH80のイラストが描いてあります。

裏面もザ・シンプルです。

EPOMAKERのロゴが大きく載っています。

上面には75%でホットスワップ可能なメカニカルキーボードということが書かれています。

 

開封するといきなり本体が!

薄いビニール袋に入っています。

この時点で質が高そうです。

 

EPOMAKER TH80 Proの内容物

続いて内容物を見ていきます。

  • ①本体
  • ②Type-Cケーブル
  • ③予備のキーキャップ
  • ④キーキャップ・キースイッチプラ-
  • ⑤予備のキースイッチ
  • ⑥説明書

予備のキーキャップやキースイッチが付属しているのは嬉しいポイントです。

説明書は日本語で書かれており、キーのショートカットやキーキャップの外し方が載っています。

 

【ゲーミングキーボード】EPOMAKER TH80 Proの特徴

それではTH80 Proの特徴を見ていきましょう。

75%レイアウトで丁度良いサイズ感

 

TH80 Proは75%のレイアウトになっておりキーの数は80となっています。

コンパクトですがしっかり上下左右のキーとファンクションキーなどゲームでも邪魔になりにくく、なおかつ使い勝手がよくなっています。

 

ホットスワップできるキースイッチとキーキャップ

TH80 Proはホットスワップに対応しています。

ホットスワップって何?

おうるくん
おうるくん

ホットスワップとは電源を入れたまま部品を交換できるという意味だよ!

つまり、キーキャップとキースイッチが交換できるためカスタムが自由自在です。

好みのキースイッチに交換する場合、新しいものに低コストでチャレンジすることができます。

最近はホットスワップに対応したゲーミングキーボードが増えてきています。

 

オリジナルのキースイッチ

 

TH80 Proは購入時にキースイッチをBudgerigar Switch、Flamingo Switch、Gateron Pro Yellowの3種類の中から選択することができます。

Budgerigar Switchはタクタイル軸、Flamingo Switchはリニア軸になっています。

おうるくん
おうるくん

今回はFlamingo軸を選択したよ!

先ほども説明した通り合わなければホットスワップで交換できるためそこまで深く考えなくて良いです。

 

3つの接続モード

TH80 Proの特徴として有線接続、2.4GHz接続、Bluetooth接続の3つの接続モードがあります。

ただ最初にお話した通り、本製品は技適に通っていないので基本的に国内で使用する場合は有線接続で使用することになります。

 

【ゲーミングキーボード】EPOMAKER Theory TH80 Proの使用感

TH80 Proを実際に使用した感想をお伝えしていきます。

まず一番最初に思ったのは「思ったより重量が重たい!」でした。

このファーストインプレッションでしっかりした作りだなという印象でした。

一番のポイントは打鍵音、打鍵感が圧倒的に良いです。

コトコトという打鍵音が最高です。

タイピングが苦手でも文章が打ちたくなるほどの気持ちよさがあります。

またキースイッチはEPOMEKRオリジナルのFlamingo Switchを選択しました。

このスイッチはガタつきが少なくなるように設計されています。

+部分の周りが四角で囲われていることがわかりますがこのおかげでガタツキが大幅に軽減しています。

この辺りも打鍵音、打鍵感良いことに役立っていそうです。

また75%というレイアウトとメディアノブがとても使いやすいです。

専用のアプリもあり、キーの割当やマクロの設定、RGBの設定等が行なえます。

ただ日本語には対応してないので少し使いづらいとも感じました。

気になる点はやはり技適が通っていないためせっかくの無線接続が使用できないことです。

また個人的にはアクチュエーションポイントといってキーをどれだけ押し込んだらボタンが反応するかというポイントがかなり短めになっているためタイピングの際にタイピングミスが多くなった気がします。

ただこれはメリットでもあり、ゲームをプレイする際にはキーが早く反応してくれるためゲームでの操作性が向上します。

 

EPOMAKER Theory TH80 Proのメリット・デメリット

TH80 Proのメリットとデメリットをまとめます。

メリット

  • 最高の打鍵感と打鍵音
  • 75%というコンパクトサイズながらファンクションキーや矢印キーがあり使いやすい
  • ホットスワップに対応しており、自分好みにカスタマイズできる
  • キースイッチの構造的にガタつきが起きづらい
  • レトロでおしゃれなデザイン

 

デメリット

  • 技適が通っておらず有線接続でしか使用できない

 

【ゲーミングキーボード】EPOMAKER Theory TH80 Proまとめ

今回はEPOMAKERのTH80 Proをレビューしました。

TH80 Proはとにかく打鍵音と打鍵感が最高のゲーミングキーボードです。

面倒なタイピング作業を少し心地よくしてくれるキーボードだと感じました。

みなさんもこの打鍵感を体験してみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました