PR

ワイヤレスゲーミングマウス Razer Viper V3 Pro VALORANTプロ大会で優勝の実績!

ゲーミングデバイス
記事内に広告が含まれています。

どうも、こぐる(@kogurugamesbrog)です。

最近はゲーミングPCでゲームをプレイしてる人が増えてきました。

そんな中でFPSゲームをキーボードとマウスでプレイし始めた人も多いのではないでしょうか?

キーマウで初めてみたけどエイムやキャラコンがうまくできない……

どんなマウスを選んだらいいかわからない……

こんな風に思っている人はいませんか?

今回はそんな方に間違いないゲーミングマウスを紹介します!

紹介するのはRazer Viper V3 Proになります。

こちらのマウスはプロも使用しているゲーミングマウスです。

しかもただ使用しているだけではなくRazer Viper V3 ProはVALORANT大会で優勝している実績があります。

そんなマウスが機能面で申し分ないことは間違いないですよね?

そして一つ、ゲーミングマウスを購入するうえでアドバイスがあります。

「初めてゲーミングマウスを購入する際は妥協せずに買え!」です。

初めてのゲーミングマウスだし少し安価のもので試してみようかな?

こんな風に考えている方はいませんか?

確かにそういった考え方もありますし、安価だからダメということでもありません。

とにかく自分が「これだ!」と思い、気に入ったマウスを購入してください。

なぜなら「どうせすぐに欲しくなる」からです。

妥協して違うものを購入したのにすぐに違うマウスを購入するのは逆にもったいないです。

自分のお気に入りのマウスを見つければプレイに対するモチベーションも上がり、プレイの上達につながる可能性もあります。

と、いうわけゲーミングマウスの中でも最強の性能を誇るRazer Viper V3 Proの紹介をしていきます。

Razer Viper V3 Proのスペック

まずはRazer Viper V3 Proのスペックを見ていきましょう。

 

メーカー Razer
商品名 Viper V3 Pro
マウス形状 左右対称右利き用
本体サイズ 127.1×63.9×39.9(D×W×H)
本体重量 54g
ボタン数 6
センサー 第 2 世代 Focus Pro 35K オプティカルセンサー
DPI 35000
ポーリングレート 1000Hz~8000Hz
リフトオフディスタンス 26段階で調節可
スイッチ 第 3 世代オプティカルマウススイッチ
接続タイプ RazerHyperSpeedWireless
有線
バッテリー 1000 Hz で最大 95 時間
2000 Hz で最大 62 時間
4000 Hz で最大 40 時間
8000 Hz で最大 17 時間
ケーブル USB Type-A to C ケーブル
ソフトウェア

 

 

Razer Viper V3 Proの特徴

続いてRazer Viper V3 Proの特徴を見ていきましょう。

 

VALORANT大会で優勝した実績!

Razer Viper V3 Proは色々なプロ選手が大会で実際に使用してそのフィードバックをもとに設計されています。

その後、完成したプロトタイプを45人以上のプロ選手がでテストして完成に至っています。

特にSentinels所属のZekken選手はVCT Madridで優勝し、大会MVPにも選ばれています。

このようにプロトタイプの時点でプロ選手が実際に使用して実績も残している機能面では間違いないゲーミングマウスになっています。

 

 

重量54gの軽量デザイン

Razer Viper V3 Proの重量は54gと軽量です。

最近ではゲーミングマウスの軽量化が進んでおり40g台や30g台のマウスもあります。

しかし穴あきではなく、シェルの剛性も確保してこの重量はかなり軽量です。

 

 

プロと共に作った形状やボタン設計

Razer Viper V3 Proはボタンの位置や形状もこだわっています。

前作のRazer Viper V2 Proと比較してみましょう。

サイドボタンは少し間が空いているようになりました。

おうるくん
おうるくん

これで押し間違えも減るね!

 

シェイプは少しお尻部分が大きくなっており、つかみ持ちでよりグリップするようになっています。

 

 

高精度な第2世代RAZER FOCUS PRO35K オプティカルセンサー

Razer Viper V3 ProのセンサーはRazer Viper V2 Proよりもグレードアップしています。

DPIは30000から35000になり、さらにより細かく調整可能になっています。

センサー精度が高く様々なマウスパッドに対応しています。

 

  • 非対称カットオフ
  • スマートトラッキング
  • モーションシンク
非対称カットオフとは……
リフトオフディスタンス(マウスがマウスパッドから離れてセンサーが反応しなくなる距離)、ランディング(マウスが空中からマウスパッドに接地するまでにセンサーが反応しだす距離)が26段階で調整できる機能。
スマートトラッキングとは……
マウスの接地面(マウスパッド等)が変わるたびにセンサーが自動で読み込み、一貫したリフトオフディスタンスを保つことができる仕組み。
モーションシンクとは……
PC が情報を取得するのと同じ間隔で信号を同期することで、マウス位置の最新情報を取得し、一貫したトラッキングを可能にしている。

その他にもあらゆるマウスパッドとの互換性向上、ガラス面上でも滑らかにトラッキングできる(厚さ4㎜以上)、優れた電力効率がセンサーの特徴として挙げられます。

最近は材質がガラスでできているマウスパッドも増えているので良い機能だと思います。

電力効率が上がればバッテリー駆動時間も長くなります。

 

RAZER HYPERSPEED WIRELESSで超低遅延を実現

 

Razer Viper V3 Proはワイヤレスながら超低遅延を実現しています。

マウスとPC間のデータ送信速度が短縮されているため遅延を最大限まで抑えることができています。

さらに電力効率も良くなっているためバッテリー持続時間の延長にも貢献しています。

RAZER HYPERSPEED WIRELESSに対応した製品を使用している場合、1つのワイヤレスドングルで複数の機器を使用することが可能です。

 

 

最大95時間のバッテリー持続時間

前項でも解説しましたがセンサーやワイヤレス技術の電力効率が良いためバッテリー持続時間も長くなっています。

Razer Viper V3 Proのバッテリーはポーリングレート1000Hzで使用した場合は95時間となっています。

8000Hzで使用した場合は17時間とになります。

おうるくん
おうるくん

この軽量設計で95時間のバッテリー持続時間はうれしい!

 

 

滑らかな動きが可能なポーリングレート8000Hz

Razer Viper V3 Proはポーリングレートまで8000Hzまで対応しています。

ポーリングレートとはマウスがPCに送る情報の数です。

情報が多ければ多いほどポインターの動きは正確かつ滑らかになります。

ポーリングレートは選択可能で数値次第でバッテリー持続時間も変わってきます。

1000 Hz で最大 95 時間
2000 Hz で最大 62 時間
4000 Hz で最大 40 時間
8000 Hz で最大 17 時間
おうるくん
おうるくん

普段は1000Hz、ゲーム時に8000Hzといった使い分けをするといいね!

 

Razer Viper V3 Proのメリット・デメリット

Razer Viper V3 Proのメリット・デメリットをまとめます。

Razer Viper V3 Pro

メリット デメリット
  • プロシーンでも実績を残しているため信頼度が高い
  • 54gの軽量設計なため長時間使用での疲れにくい
  • バッテリー持続時間が最大95時間
  • 8000Hzのポーリングレートでぬるぬるトラッキング
  • サイズ展開が1つしかないため合わない人がいる可能性がある
  • 価格が高め

 

 

Razer Viper V3 Pro まとめ

今回はRazerの最強ゲーミングマウスのViper V3 Proを紹介しました。

実際にプロシーンで使用され、実績も残しているため機能面ではかなり信頼できるものになっています。

価格は高いですが、高いクオリティは保証されています。

  • プロが使っているマウスを使いたい!
  • クオリティの高いゲーミングマウスを使いたい

こんな風に思っている方におすすめです。

最強のゲーミングマウスを使ってVALORANTで勝利を掴んでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました